獣医師が教える、犬の心臓病の詳しい情報

愛犬が心臓病と呼ばれたら(携帯版)

トップに戻る

身体検査

どういう検査?

全身を見たり、触ったり、音を聴いたりする検査です。

診察の基本中の基本で、とても大事です。
ですから、この検査をせずに他に進むという事は少ないです。

また、基本ゆえに奥が深く、経験の差が表れやすい検査でもあります。

分かること

症状、病気の進み具合、の情報が得られます。
これらを薬の種類・量の決定の助けにします。

メリット・デメリット

簡単、負担が少ない、情報量が多い、という素晴らしい検査です。
デメリットはあまり思い当たりません。
やらない手はないですね。


トップに戻る


vetsheart

powered by Quick Homepage Maker Mobile 1.5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM