獣医師が教える、犬の心臓病の詳しい情報

愛犬が心臓病と呼ばれたら(携帯版)

トップに戻る

食事について

食事はとても大切です。
飼い主としてもとても気になるのか、とても質問が多いです。

などなどです。

僕のおすすめは「普通の食生活をしてくれればOK」です。

「普通の」というのは、
ジャーキーや、鳥のささみばっかり食べるような食生活はやめて下さいね、ということです。
水分、塩分に関しても同様です。

どんな栄養素も、与えすぎ、控えすぎ共に良くありませんし、普通の食生活ならば、ほとんどの場合「与えすぎ」にはなりません。
(「にぼしを食べた!塩分は大丈夫か?!」と大慌ての飼い主さんに会ったことがあります。)

むしろ塩分、水分の控えすぎが問題になる子もいます

腎臓も凄く悪くなってきたなど対処が必要な場合はありますが、そのときは獣医さんからお話があると思います。

あなたが落ち着く事も大事ですよ。


トップに戻る


vetsheart

powered by Quick Homepage Maker Mobile 1.5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM