獣医師が教える、犬の心臓病の詳しい情報

愛犬が心臓病と呼ばれたら(携帯版)

トップに戻る

安静

単純ですが、とても大事です。

落ち着かせると心臓が楽になります
病気の程度に応じて出来る限りおだやかに暮らさせたいところです。

具体的には、

などがあります。

散歩の量などの質問も多いです。
動かない方が心臓は楽でしょうが、動物の楽しみまで考えると、それが必ずしも幸せとは思えません

散歩が好きなのにさせないのはどうかと思いますし、動くと苦しい子に散歩させるのも良くないと思います。

結局のところ、

安静にするというのが一番良いでしょう。


トップに戻る


vetsheart

powered by Quick Homepage Maker Mobile 1.5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM