獣医師が教える、犬の心臓病の詳しい情報

愛犬が心臓病と呼ばれたら(携帯版)

トップに戻る

メンタルケア

精神的なストレスは、愛犬に良い影響を与えません

でも、もともとネガティブな犬を僕は見たことがありません。
多くの原因は、飼い主から受けるストレスです。

ですから、愛犬の精神的ストレスを減らしたいのであればまずあなたが精神的に楽になる必要があります
あなたが暗い状態では、愛犬も明るくなりにくいのです。

とは言え、
愛犬が病気になって辛くない人はいないと思います。
嫌な言葉や、イメージもたくさん浮かんでくると思います。

ですが愛犬には、明るく、優しく接してあげて下さい。
検査結果よりは、我が子の表情を気にしてあげてください。
どのごはんが一番か右往左往するよりは、我が子をなでてあげる時間を作ってください。

「大丈夫かな」よりは「大丈夫だよ」
「かわいそう」よりは「お利口だね」
「死なないで」よりは「大好きだよ」

という言葉をかけてあげてください。

そういう前向きな接し方をしている家庭の方がより長生きで、より幸せな暮らしをしている印象があります。

あなたが、愛犬が苦しんでいるところを見るのを辛いと感じるように、あなたが悩み苦しんでいたら愛犬もきっと悲しみます

だから、愛犬のためにも、あなたのためにも、あなたが幸せになって欲しいと思います。


トップに戻る


vetsheart

powered by Quick Homepage Maker Mobile 1.5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM