獣医師が教える、犬の心臓病の詳しい情報

愛犬が心臓病と呼ばれたら(携帯版)

トップに戻る

どれくらい生きる?

いつ、どんな状態で病気が発見されるかは様々なのでどれくらい生きるかは一概には言えません

似たような病気の重さでも、そこからの寿命は個体差が大きいです。

それでもあえて目安を言うならば、

4〜6歳ごろ

僧帽弁がおかしくなり始める。
血液の逆流も無いし、何の症状も無い。

7〜9歳くらい

弁が閉まらなくなって血液の逆流が始まる。
心臓の雑音が出てくるため病院で発見される。
発見されてもしばらくは特に症状は無い。
もしくは咳などの症状が出始める。

10〜15歳くらい

病気が進行し、症状が重くなってくる。
心臓病かもしくはその他の病気で亡くなる。

のような感じが多いです。

あくまで目安ですので、参考程度に考えてくださいね。

ちなみに個人的な印象ですが、飼い主が精神的に落ち着いている家庭は病気の進行が穏やかな気がします。


トップに戻る


vetsheart

powered by Quick Homepage Maker Mobile 1.5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM